おそのえ

お買い得・オススメ商品や店主の一言コメントなど内容満載でお届け!

顔写真

おそのえ代表 小薗江 利之

「私たちは、和・穀・菜・酒をとおして、お客様の感動と健康に貢献するとともに、心をひとつにし、地域と一緒になって、社員の幸せと企業の繁栄を目指します」
これが当店の経営理念です。和・穀は、和の穀物であるお米や麦その他穀類を指し、菜は主菜・惣菜の料理を、酒は酒類を指しています。
これら当店が取り扱う食の品目を通して、お客さまに様々な感動を与えることができ、なおかつ健康増進のお役に立てれば幸いだと思っています。
昨年に創業60周年の節目を迎えさせていただきました。これからも皆さんと一緒に社歴を重ねてまいりたいと思っています。
地に深く根を張り、風雪に耐え、着実に年輪を重ねながら100年企業を目標に末広がりの成長を目指してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

店舗写真
和穀菜酒 おそのえ
〒319-1111
茨城県那珂郡東海村舟石川832-2
TEL:029-282-0087
FAX:029-282-0089

原研通り真崎商店会

茨城県、東海村でお弁当・お米・お酒を販売しているお店です

逸品紹介

オススメの逸品

★くるくるマルシェ1号車の1日
・7:00~本日のコース確認と販売商品の確認
・7:30~かわねや南高野店にて午前コースの商品の積込み開始
・10:00~かわねや南高野店出発~訪問エリアへ

<午前の訪問エリア営業終了(約10軒程度)>
・12:30~かわねや南高野店にて午後コースの商品積込み開始
・14:00~午後コースの訪問エリアへ

<午後の訪問エリア営業終了(約20軒程度)>
・17:30~18:00本日の営業の集計
・18:30~明日のコースを確認して営業終了

↑くるくるマルシェはこのような流れで1日を活動しています。
※朝10時から夕方5時ごろまでが主な販売時間となります。

作詞:Kashin/進藤 真哉
作曲:坪川 隆太
唄 :Kaoru Higuchi

楽曲をダウンロード(MP3) 歌詞をダウンロード(Wordファイル)

●くるくるマルシェを利用したくなったら?
1号車専用電話 070-2660-6487 までお電話ください。
月~土曜日の訪問コースの中で、お客様のご希望の曜日と時間帯に合わせて訪問日を設定します。
基本は定期的に訪問してほしいという契約が必要です。
契約には一切の料金が発生いたしません。また、退会も随時自由にできます。

●くるくるマルシェの営業時間は?
朝10時ごろから夕方5時ごろまでが営業時間です。
現在のところ、それ以外のお時間帯の営業は設定しておりません。
雨や雪では状況により予定通りにお伺いするつもりですが、
台風などの警報が発令された場合は安全面を考慮して休業します。

●くるくるマルシェの買物の仕方は?
お伺いした訪問販売車に積んである商品を自由にお買い上げいただけます。
表示価格もかわねやさんの店頭での価格ですので非常にお買い得です。(価格は税抜き表示)
ただし、訪問販売手数料として「一品につき10円」をいただきます。
例えば、3品購入されたら30円、10品購入されたら100円というように、
お買上げ金額に応じてではなく、お買上げ点数で手数料をいただきますので非常に割安です。
また、必要なものがあればご注文下さい。次回の訪問時にご用意します。

●くるくるマルシェの販売エリアは?
平成29年より東海村の2コースと日立市南部(久慈町周辺)1コースとの計3コースを設定しています。


過去の絵日記:

<野球いつやるの?今でしょ!>(←チョット古いかな)
~くるマル号の絵日記~

1年中で一番しのぎやすい5月となりました。
みなさん、お元気そうで何よりです。(勝手に解釈してます)

さて、今月の絵日記は野球です。
気候が最適の今、何をやるにしても活動的になるシーズンで、全国的にも盛んに少年野球大会の各予選・本選が開催されています。
実は私、地元東海村で小学生を対象にした軟式少年野球スポーツ少年団の運営に関わっておりまして、そのつれづれなるままを今月は記してみたいと思います。

件のその軟式野球少年団は今年で設立15年目を数えます。
設立15年目とはいえ、近隣の同種目の少年団と比較しましても比較的歴史の浅い部類に属します。
しかしながら、過去2回ほど県代表で全国大会に出場した経験もありまして、手前味噌ながら結構イケてるほうのチームだと自画自賛しておりました。
が、そんな勝手な自画自賛も、ここ3・4年であっという間に過去形になってしまう危機的状況に面しております。

今年の新年度4月末現在の登録団員数は、1年生から6年生までの総メンバー数で52名、これは例年より約10名程度少ない在団生数となっています。
内訳は1年生の新入生が0人、2年生のメンバーが3人と、低学年層の在団者数が極端に少ない結果となりました。
例年ですと、1・2年次で5・6人の登録があり、3年進級時に5~6人の中途加入生がいて10人を超える層に発展します。
9人のレギュラーポジションをめぐって切磋琢磨する10人越えがその学年のチーム活性化に不可欠、ということなんですね。
それが、現時点で1年生が0人・・・
今チーム内では、この学年が6年生になった時にどうなっているのか、が最大の関心ごととなっています。

最近、「野球人口減少問題」が全国的に深刻化しています。
大リーグの二刀流・大谷翔平選手やプロ野球の話題、高校野球の盛り上がりなど決して野球熱が冷めているとは思えないのですが・・・
しかし、野球をする子供は確実に減少しています。
なぜなんだ?と自分なりに考えてみました。

答えは案外、足元にあるのかもしれないことがわかりました。
それは、親自身のこと。

現在、小学生の低学年の子を持つ親世代は昭和末期から平成にさしかかるいわゆる「ゆとり世代」
一方、私たち昭和30年後半から40年代が多い指導者層は、「根性・水飲むな・1年奴隷」の3大標語がはびこる「共通一次世代」が占めます。
年齢差が10歳以上あると、やはりジェネレーションギャップを感じますし、
ましてや、これから小学生を入団させようとする親世代は平成世代一直線。

おかげさまで、私たちのチームのご父母は、精力的かつ自発的なサポートでチーム運営を支えてくださっていますが、
今後もこのような「伝統」が未来永劫継承されていくのか?は甚だ疑問です。

つまり、「時代は変わった。昔からの伝統も大事だが改革も必要」だという、時代の変わり目に来ているということなんだろうと思います。
「子供のヒット一本見ただけで平日の仕事の疲れも一瞬で吹き飛ぶ!なんていう野球バカな親」ばかりではなくなってきているのでしょうか。

平日は仕事で疲れ、土・日は子供の野球に体力消耗している父親。
夏は猛暑の中で紫外線無関係で一日中外に立たされる母親、意外とつらすぎる子供へのサポートと思っている両親も案外多いのではないでしょうか。

入団する前は「親は来れる日だけでいいから」と甘い言葉で巧みに誘われるが、いざ親が来ないとなると冷たい目で見られる。
テレビで大谷翔平や甲子園球児をみて野球にあこがれ、どんなに子供が野球をやりたくても親が拒絶して入団させない。
野球人口減少につながるうがった見方として、私はこんなことを想像していますがあながち荒唐無稽な話ではないと思います。

では、具体的な改革とは・・・
その前に親のサポート(負担)を羅列してみますと、
・お弁当作り・送迎・グランドの準備・練習のサポート・お茶出し・道具の準備・球拾い・試合の審判・試合中のスコア・試合中の応援・ユニフォームの洗濯・お付き合い(お酒)などなど。
少し考えただけでこれだけあるので、「親の負担が半端ない」と考える人は相当数いらっしゃるでしょう。

では、「熱心に参画したい親はそうすればいいし、無理してくる必要はないですよ」という仮説を立ててみたらどうなるか、です。
「親自身のプライベートも大切だと尊重しますので、その代わり応分の負担金をお願いいたします」というルールです。
監督・コーチ・サポートしてくださる方々に謝礼を払い、すべてやっていただく。その代わり月額の負担金は割高となる。
オプションで送迎やら何やらと付加サービスもあり、文字通り親御さんのプライベートを大事にしたり、土・日仕事で来れないという家庭の子供もサポートする。
こんな仮説です。

野球がやりたくてもできない子供の中には、親の物差しで野球への道を閉ざされ、大谷翔平やイチローを超えるセンスを持つ子供が眠っているかも知れないのです。
これは相当な機会ロスになると思います。

子供が野球をしている間、あまり深くそこに関わりたくない親は、思う存分自分のプライベートを楽しんでもらう。
つまり、これからの時代に向けて親とのかかわり方をマッチングさせるということです。

もちろん、口だけ大将でモンスター化させないための規約づくりは必須ですが、
嫌々参画させてチーム内の空気を濁らせるくらいなら、
「どうぞお好きなことをやっていてください、その代わりチームのことには口出ししないで下さいね」と言ってあげるほうが、その相手に対しても親切ですし、
実際、そのような感性の方々は割高な負担金でも喜んで払ってくれると思います。

この仮説、私のチーム内へ具体化するとなると「不公平だ!・チームは保育園じゃない!」などと猛反発が来そうですが、これからの時代を綱わたっていく引き出しの一つだと考えればいいのです。

私の勝手なチーム再建改革案のまとめ。
「野球人口減少問題」は子供の野球離れではなく、親がさせないだけ!で、その解決策とは!?
「野球に対する親のかかわり方を時代にマッチングさせる」でした。

では来月もまた。

平成30年5月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

        My シュウカツ

<就活で毎週勝つ! ~くるマル号の絵日記~>

みなさん、毎度です。今月は、くるマル号の関連の話題とは少し属性が違うかもしれませんが、4月号から本格的なオンシーズンということで、「就活」を取り上げてみようと思います。

実は私の倅が今大学3年生で就活真っ只中なんですね。企業説明会やら大学での何やかんやだと、先月から東へ西へとバタバタ行ったり来たりしてまして、
まさに4月から本番が始まるかの様相です。
自分が大学3年の時ってこうだったっけ?というのと、交通費を渡す度にスルスルと紙のお金が彼の手に渡って行く様を形容するのに、上手い言葉が見つかりません・・・

ではここで、超有名大学に進学したにも関わらず、就職浪人を経験した知人の息子さんの体験談「就活浪人した彼が語る、就活でやってはいけないこととは」を引き合いに出してみることにします。
就活生やそのご家族のみなさん、必見です。

彼は留学と就職浪人で同期より2年遅れ、現在24歳で社会人1年生を終えようとしています。
激務と呼ばれる業界に就職しましたが、とてもやりがいを持って働いているとのことです。

「根拠のない自信、無い内定、そして就職浪人へ」

彼の就活1年目は、大学3年生の5月から始めたとのことです。
「就活開始当初は、明確なキャリア選択の軸的なものもなく、進めていく中で少しずつ見つければいいと思っていた。」とのことで、
サマーインターンは就職先として超人気企業のインターンに参加し、誰もが知っている企業でインターンでさえも比較的難関だと言われていたそうです。

しかし、申請していた留学が決まり、「就職のことを考えながら大学で学ぶのではなく、しっかりと集中して、学習したいという思いがあったので」とのことで、アメリカの大学へ1年間の留学を決行。
よって、1年就活を遅らせて、帰国後に就活を再開することになりました。
1年後の8月に帰国。この時点で、2度目の3年生の8月ということになります。しかし、サマーインターンに参加しようにも8月末だったこともあり、人気企業のサマーインターンは選考が終了していました。
「留学もしていたし、本選考でどうにか内定はもらえると思っていたので、結局サマーインターンはしませんでした」と。

これより本選考まで、あまり就活らしい就活をしなかったようですが、何故かと聞けば、「自分は本選考で受かるという思い込みがあった」ようです。
「実際に、去年の3年の夏にも超難関と言われる企業へインターンもしていましたし、就活の選考に対しては全く根拠のない自信を持っていました」のと、
「人気企業という軸でしか会社を選ばず、選考も10社も受けなかったですね」と、このことがこの後の展開を大きく変えていくことに。

その後、ある程度のところまでは進みますが、結局、内定をもらえたところはありませんでした。
「大学に超大手メーカーの2次募集が来ていたのですが、選考で落とされたことを受け入れることができずに無気力になっていたので、結局就職浪人することになりました」

自分の立ち位置を客観視することができていなかったことと、かなり甘い認識だったことを痛感していたようでした。
就活を終えていた大学の同期との比較で、商社や、大手メーカー、外資系企業などに内定している同期と自分に全く差を感じなかったことも大きな理由だったそうです。

「【自分は大丈夫、受かる】その感覚がどこかにあったし、自分が就職浪人することはまったく想像していなかった」とのことですが、
しかしよく分析してみると、同期は就活の時期にめちゃくちゃ努力していたことがわかります。
「自己分析をノート10冊以上やっている人や、1つの企業のOB/OG訪問だけで30人以上と会っている人、毎日社会人からフィードバックをもらっていた人。
実はそんな人ばっかりでしたね。これじゃ、自分がこんな風に就職浪人するのは当たり前だと思った。」彼はこのとき驚愕の事実を目の当たりすることになります。

でも、私は就活生の大半はそんな感じなんじゃないかなと思います。
例えば、「留学に行ったから、ビジネスコンテストで入賞したから、難関企業のサマーインターンに参加したから。」そんな理由で就活自体を甘く見ている人は結構多いと思います。
大学は高校と違って偏差値という統一の物差しがないので、自分自身の立ち位置を客観視することは難しいと思います。
自分自身を客観視できていない状況で就活に臨むといい結果が出なくて、就職先に拘れば拘るほど、就職浪人になってしまう方もいると思います。

では、就活をうまく乗り切るコツみたいなものは?というと、
とりあえず、いろんな選考会を受け、より実践で学びながら社会人の方や先輩と話すことで、自分の言葉を客観的に見てみることと、
相手からどんな風に聞こえるのか、映るのかを自分なりに分析するのはとても重要な要素だと思います。
そんな経験を積んでいくと、やがて自分が何をしたいのかも明確になってくるでしょう。
社会人と話して、働き方や仕事内容に違和感があったら徹底的に言語化していき自分中に落とし込むことが何より重要だと考えます。
就活に秘策があるとするならば、結局はこんなことの積み重ねでしかないと思います。

まとめとして、「就活成功10ヶ条」なるものを考えてみました。

その1)早めに就活を始めてみる。
その2)一人で就活をしない。(一人でしていると、自分自身を客観視することができない。
    親、サークルの先輩、特に就活浪人した先輩がいたら◎)
その3)自己分析(どういう人と一緒にいたら幸せなのかを理解せずに、ただ年収や知名度で
    企業を選ぶと将来的にミスマッチが。誰のアドバイスでもいいから自己分析をしっか
    り行う)
その4)解禁に合わせて就活を始める(大手企業を目指す学生は、3年生のサマーインターン
    時期から就活をしている。その学生は少なくとも10回くらいは面接を受けているは
    ず)
その5)資格の勉強に時間を使うな(本当に必要資格なら会社が資格取得の支援をしてくれる
    もの。学生時代に取った資格って今の仕事に役立っていますか?がキーワード)
その6)特別選考会系のイベントを利用(ベンチャーだろうが、大手企業だろうが内定直結系
    のイベントは使うべき。内定を持っていると精神的に気持ちが楽。本命への保険にも
    なる)
その7)いきなり大本命企業は×(学内選考などでいい点数を取ったとかの経験がイケている
    からと、絶対にいい企業に入れると思っている学生ほど危険。相対比較の範囲が狭す
    ぎる)
その8)選考を受ける企業の数を少なくして、難関企業ばかり受けるのは×。(就職浪人者の
    経験談)
その9)選考に落ちた企業に見る目がなかったと考えるのは×。( 落ちたということは、自
    分には見えていない何かが相手には見えている可能性が高い。もっと自分を俯瞰す
    る)
その10)合同説明会にとりあえず行く(企業説明だけがほとんで働き方が見えない。その業
     界の事は、IRやアニュアルレポート、OB/OG訪問で直接話したほうが得るもの
     が大きい)

いや~、今月は倅の就活ということもあって、親バカぶりが全開のテキストになってしまいましたねぇ。当の本人はこの絵日記を見る確率ほぼ0%なのに・・・
でも明日の未来を背負う就活生には、有意義な就活とやりがいのある仕事を選択してほしいです。
みんなガンバレ!

では来月もまた。

平成30年4月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<春はスプリングで跳躍!
~くるマル号の絵日記~>

”もうすぐ春ですね~”の3月。そこで3月の記念日なるものを調べてみました。

3月1日・春の火災予防運動、3月3日・ひな祭り、3月3日・耳の日、3月10日・東京大空襲、
3月11日・東日本大震災、3月20日・春分の日、3月22日・放送記念日などなど。
また、三月の異名としては弥生・花月・桜月・花見月・夢見月・早花月・晩春・暮春・末春・清明・穀雨・竹秋等・・・
番外編では、ひなまつり、卒業、春一番、ホワイトディ、税金の確定申告等に、
変わり種として、「暑さ寒さも彼岸まで」や「春休みは宿題がない!」(←ワタシのコメント)などなど。
季節の変わり目の呼称ってこうしてみてみるといろいろあるんですねぇ。
そして、くるマル号にも去年の3月に新たな記念日ができたんです。

それは、4月の運行スタートに向けて訪問先開拓が大詰めを迎えている去年の3月初めの頃でした。
その頃は、ターゲットにしたエリアのお宅数100件前後を、一軒ずつ戸別訪問し移動スーパーの事業内容をひたすら説明しながら歩いている時期でした。
域内に3ルートのコースを設定し、1台の移動販売車が1日に訪問できる件数を35軒程度とすれば、延べ100軒以上の契約先を開拓する必要があったからです。
そのように、一軒一軒お伺いしているとある法則に気づきました。それは、成約率がピッタリ2%だったということ。
域内を100軒程度に括ったとある新規開拓エリアに入りますと、とにかく先入観無しに一軒ずつお伺いする訳ですが、大半は「ウチは大丈夫です」というお答えがほとんどです。
しかし、やがて「待ってました!即お願い!!」というお宅が必ずいらっしゃいまして、そのヒット率が100軒に対していつも2軒程度だったのが理由です。

労力の割にたった2軒か、と思うかどうかはさておき、東海村全体をザックリ50等分の縦・横のグリッドに分け、その1つのグリッド内の100軒を訪問すれば必ず2軒がゲットできる。
次々にグリッドを1個づつ潰していけばやがて100軒の契約先が必ず完成する、という非常にシンプルな作戦ですが、それをひたすらやり続けました。
東海村全図が段々と「開拓済み」の色に変わっていくのを見てると、本当に領土を征服したような気持になってどんどんモチベーションも上がっていくのが分かりました。
辛くなりがちな営業活動も、このようにゲーム感覚を取り入れると違った角度から取り組めて継続性が上がる好例となりました。
2月から始めた訪問先開拓も3月の末で目標通り100件程度の契約先を担当することができ、4月運行開始のグランドオープンに何とか間に合いました。
ということで、前置きが長くなりましたが3月31日は、自称「くるくるマルシェ100軒達成記念日」ということなんです。

あれから1年、本当にアッいう間に時間が過ぎてしまうものですが、おかげさまで皆さんから大変可愛がってもらいながら今日も元気に運行しています。
あと少しで「くるくるマルシェ100軒達成記念日」を今年も迎えることができると思うと感無量です。
1年前を思い起こして、ついつい感傷にふけってしまいました・・・

話がガラッと変わりますが、思い起こす・もう一度・聞き逃した、という場面に大活躍なのが「ラジコ」というタイムフリーアプリです。
自動車で移動してることが多いので、必然的に良くカーラジオを聞いています。
電波状況的によく聞くのはやはり茨城放送。その茨城放送で、よく「タイムフリー」ということを盛んに宣伝していたので調べてみると、
「過去の番組が1週間内ならいつでも聞ける」という放送聴取アプリのことでした。

登録放送局も民放に限らず、NHKからFM放送局や短波放送局までいろいろあって、音質もステレオ音源ですから非常に聞きやすいのが特徴です。
早速スマホにこのアプリを取り込んで、Bluetooth機能が付いた小型スピーカーを車内に置きいろいろな番組を楽しんでいます。

早朝犬の散歩の時には「東京FM」、車の中では「ニッポン放送」などいうように、メニューにある番組なら無料で聞き放題ですので、今はコレにハマっています。

ラジコはアプリのタイムフリー機能のことですが、自分自身の過去に遡るタイムフリーということであれば、
普段の生活の中で過去に遡って消し去りたい失敗例はいろいろあります。
「あっ、失敗しちゃった!」ってことで少し前に遡ってリトライできれば、という場面が少なからずあるのです。
特に失言はその言質によっては取り返しのつかないこともあり、交友関係にひびが入ってしまうこともままあります。
そんな時に、その失言前に遡って、もう一度言い直せたらな・・・、と本気で思うのは私だけでしょうか?
しかし、本当に過去に戻れたとして、その過去からやり直して上手く行く現在にまた戻って来れるのでしょうか。
自分の本質が変らない以上、何回過去に戻ってもまた違う場面で同じようなミスを連発していくだけではないでしょうか。

聞き返すのはラジコ、振り返るのは思い出、切り替えるのが発想ということでしょうか。
物理的に過去に戻れない以上、悲観的なストレスを抱え込まず、ミスを教訓に前向きにいくしかないと思っています。
どのみち、自分は自分自身でしかないのですから。(屁理屈かもしれませんが・・・)

前段に戻りますと、3月は芽生え、萌え出る草木の季節ですね。
英語で春のことをスプリングと言えば、バネもスプリングで泉もスプリングです。
草木が一斉に芽吹き雪解け水がこんこんと湧き出す岩肌、そして弾けるバネ。
重いコートを脱いで、両手をパ~っと広げて弾けるイメージが春には相応しいですよね。

タイムスリップやリープのように過去と現在を行き来する方法が、もしかしたらそう遠くない時期に開発されるかもしれませんが、
その様な方法があったとしても、いちいち言い直したり、やり直したりはしたくないですね。
だって、みんながそんなことをし始まったら、「やっぱりもう1回」ってグルグル回りっぱなしで全然前に進まないじゃないですか!
過去に遡るのラジコだけで充分です。
私はスプリングのように跳躍していくことを目指します。

では来月もまた。

平成30年3月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<チョコの強要はセクハラ?パワハラ?
~くるマル号の絵日記~>

●厳しい寒さが続きます。(ワタクシのフトコロ、いつもブッチギリの寒さです)

さて2月と言えば、一部の人には楽しみ、一部の人には憂鬱、また一部の人にはどうでもいい「バレンタインデー」が訪れます。
「本命チョコ」に始まり「義理チョコ」「逆チョコ」「友チョコ」「自己チョコ」「ホモチョコ」まで・・・ 
この先「日本独自のバレンタインデー」が一体どこに向かうのかは分かりませんが、時節柄、身の回りで多かれ少なかれ話題になるイベントの1つであることだけは確かですね。
もらう・もらわない、あげる・あげないは別として、不意にバレンタインの話題になった時に、役に立つかもしれない「バレンタインデーの考察」をまとめてみました。
併せて、セクハラについても考えてみましょう。

一般的な事例として会社での活動を例にあげますと、入社したての新人さんと社長を除けば、誰にでも上司や先輩、部下や後輩がいるはずです。
で、基本、上から下に対しての一方通行ではありますが、当たり前のように日々の業務を通じて褒めたり、叱ったりが行われています。
この、部下や後輩に対しての「褒める」や「叱る」行為に、実は「褒め方」とか「叱り方」以前に、ものすごく重要な「ある壁」があることが分かりました。

ではその壁って何でしょうか?
もし、自分が大嫌いな相手や苦手な相手から突然褒められたら、みなさんならどう思いますか?
「キミ凄いね~」「さすがだね~」みたいに・・・
正直キモくて、どこか素直に喜べずに何か裏があるんじゃないかなと疑ってしまうんではないでしょうか?
同じく、叱られたらどうか。
「これじゃダメだろ!」「やる気あんのか!」みたいに・・・
「むかつく!お前に言われたくない!」とか思うはずです。(少なくともワタクシはそうです!)
では逆に、自分が尊敬する相手や好きな相手から同じように褒められたらどうか。
「キミ凄いね~」「さすがだね~」というように・・・
嬉しい!やる気が出る。
同じく叱られたらどうか。
「これじゃダメだろ!」「やる気あんのか!」・・・
納得。直さないとまずいなーと、心底反省するはずです。

つまり、褒めるや叱るの効果は「何を言われるか・何をされるか」でなく、「誰に言われるか・誰にされるか」で全て決まります。
要するに、セクハラと一緒。
好きな人や家族からされれば嬉しいようなことでも、嫌いな上司や苦手な先輩からされたらイヤな気持最大限ですよね。
褒めたり叱ったりした時に、それが相手に伝わっているかどうかは、冒頭のコメントにあるように、「褒め方」や「叱り方」の内容や言葉以上に、
日頃、その相手から「信頼されているか」「惚れられてるか」にかかっているというわけです。
つまり、この「普段からの信頼関係」というのが、先程言った「壁」なわけですね。
私自身、先日キャリアウーマン的な女性の方とお話をしていてこのことを確信し、以後、部下や後輩に対する見方が変わった気がしています。
変わるとっても、いちいち部下や後輩の機嫌をうかがったり、嫌われないような無難な振る舞いをするわけではなく、
変えたのは、普段からの目掛け・声掛けです。
普段からの、たわいもない会話こそ重要なんだと改めて気付かされました。
普段、気の合う仲間や同僚だけで小さくまとまっていると、それ以外のメンバーとは業務上の接点しか持てなくなります。
そんな疎遠な関係のメンバー同士がいざ、褒めても叱っても効果がないことは記載の通りです。
あの松下幸之助さんも、叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である。と仰っています。
普段からのコミュニケーションがいかに重要であるかということを、改めて認識して今年のバレンタインデーを俯瞰してみてはいかがでしょうか?
変に強要して「セクハラ!・パワハラ!」と言われるより、普段自分の事をどのような距離感で見ているのか観察するのも一考です。
チョコは甘さではなく、辛さのバロメーターということでしょうか?
さぁ!今月も一ヶ月間、頑張っていきましょう。

では来月もまた。

平成30年2月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<あけましておめでとうございます
~くるマル号の絵日記~>

●あけましておめでとうございます。
皆様におかれましては お健やかに新年をお迎えのことと存じます
輝かしい新年にあたり 皆様の更なるご健勝をご祈念申し上げます

さて、平成29年を振り返りますと、弊社にとっては創業60年目という節目の1年でした。
先代(現会長)が昭和32年に東海村へ事業の拠点をつくり、現在へつながる第一歩を踏み出しました。

東海村に原子力研究所の立地が決まると、東海村の今後の展望に活路を見出し、日立市から東海村へ住居を移した先代。
当時は東海駅前と呼ばれていた現在の舟石川駅西2丁目付近の、「新村松踏切」と呼ばれる踏切のそばにあった(旧佐藤石油さん跡地)土地を創業の地とします。
当ホームページの会社概要にある4枚画像の再下段に当時の写真がありますが、この地でおその江は「食堂」として歴史の幕を開けています。
随分とレトロな歩行器にまたがっているお坊ちゃまが、当時1歳後半ごろの私です。

そして昭和41年、私が3歳の頃に現在の原研通りに移転して今日に至ります。
原研通りという名称にも象徴されるように、当時の東海村の中で盛んに開発が進んでいた地域がこのあたりで、
このころ一気呵成に商店や事業者などが立ち居並ぶようになっていったそうです。
原子力の研究と開発で地元も大いに活気づき、やがて弊社もそれに呼応するように「飲食」「米穀」「運輸」と事業を拡大してまいりました。
東海村の事業者の多くがそうであったように、弊社も原子力産業とともに成長してまいりました。

時は経て平成元年、私が家業を継承した年に「酒類」も取り扱うことになりました。
以来、おその江の平成年代は私自身も活力がみなぎっていたこともあり、順調に業績も伸ばせたように思います。
しかし、基幹産業の傘下でおもねる様な商売をしていてはなかなか業績と利益が安定しないな、と思っていた矢先での度重なる原子力関連の事故や先の大震災。

このような様々な経験の中で、結果的に私の企業人としての精神も随分と鍛えられことになりました。
ストレスでも脳内活性化に必要な適度な刺激、とでも言ったらいいのでしょうか。

業績が大ピンチで「もはやこれまでか・・・」とう場面からゾンビのごとく脱出し、窮地に追い詰められても「命までは獲らないだろう」とあえて鷹揚に構えて局面が大逆転したこともあったりと、
結構スリリングな経験もしてきましたが、今思えば、こうして笑い話の一つとして語り継ぐことができるようになりました。

学生を終え3年ほど東京で勤めはしたものの、急かされるように25歳で家業に入りもう約30年になろうとしています。
このように、決して順風などではなく、まさにジェットコースターのような浮き沈みの激しい経験の中で生きてきた答えが「経営の品質」ということでした。
品質のパフォーマンスが長持ちし、関わる人々に全幅の信頼を寄せてもらえて、持続性のある関係が続くこと。
現時点で、私が拙い事業者としての経験で学んだ答えは、上記のようなことになります。

今年からまた着実に業績の年輪を重ねていかなくてはなりません。
5年後はどうしたいのか、10年後にはかくあるべきなのか。
「先のことなどわからない」のですが、少なくとも自分自身がたどり着きたい方向とその距離はどれくらいなのかは常に頭に入れておきたいと心がけています。

私自身の品質が今一つだから品質にこだわりたいという思いもあります。
自身の買物では、「少しぐらい高くても買う時には質の良いものを手に入れて、それを長く使いこなす」ことを信条としている私なのに、
それを自分の経営にも当てはめてみてはいかがか?と気付くまでに30年近くもかかってしまいました。
この授業料がコストパフォーマンとして高いか安いかは、これからの61年以降からの私の手腕ということなのでしょう。
今年は戌年、ウチには6歳になるラブラドール・レトリバーの「龍太郎」がいます。
最近、忙しさにかまけてついつい龍との散歩を娘に任せっきりで疎かにしてしまい、スキンシップと会話も久しくないことに気が付きました。
これでは「犬営品質」(けんえいひんしつ)が向上するはずがありません。

まずは、愛犬とのコミュニケーションの品質を高めることから入門します。
私も愛犬もお互いに限りある命です。
残された時空を精一杯生きていくために、「年戌」の龍太郎に誠心誠意尽くすことを誓い新年最初の「くるマル号の絵日記」とします。

では来月もまた。

平成30年1月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<行く年・くる年 ~くるマル号の絵日記~>

●みなさん、こんにちは。或いは(おはようございますorこんばんは)
今年も早、12月。過ぎてみればあっという間の一年でした。
去年の今頃を思い起こすと、「くるくるマルシェ」のビジネスプランの総仕上げや、ビジネスパートナーである「かわねや」さんとの取引条件を日々練り上げていたころでした。
運行夜明け前の、厳しく苦しくとも、これから仰ぎ見るであろう燦々たる光明に胸躍る日々を過ごしていた頃を思い出しました。

あの頃は、移動販売の先進事例を小耳に挟むと「そいやぁ~」とばかりに東へ西へ。関連する講演会などがあると「えいやぁ~」とばかりに北へ南へ。
食事もままならず、平均睡眠時間も4~5時間程度だったはずですが、不思議と憂いも疲労も感じず嬉々として行動していたことが懐かしいです。

その訪問スーパーの当初計画も、予定では年末までにテスト運行を終えて年明け1月から本格運行の予定でしたが、諸々事情で4月運行となってしまったことが最初のハードルでした。
メインバンク、ビジネスパートナー、車両製作会社、デザイナー、新規スタッフ等々とそれぞれの案件について従来までの仕事をこなしながらの準備でしたので、予定していた工程から大きくズレ込んでしまったことは大きな誤算でした。

予定通りに進展していないということは売り上げも上がってこないということで、試算シミュレーションを大幅に修正した当時は相当焦っていたことも事実です。
今更ながら、経営は基本が大事、ということを学びました。
企画をし、それを実践して結果を振り返る。そして、改善すべき点は修復する、といったことですね。

おかげさまで、昨年の12月から今年の12月までの一年間にくるくるマルシェの事業を遂行することで、実践の意味を徹底的に学ばせてもらいました。
楽しさというよりは苦難の連続ではありましたが、一つ一つ目の前のハードルを飛び越えていくと、向こうから福がこちらに向かってくるような気配が感じられます。

何かを捨てなければ新しい何かがやって来ない、そんな感じがして「身の回りの物で1年以上使わなかったものは捨てる」ことを今実践しています。
今までは所謂、非断捨離派でしたが、「捨てる」ことに興味を持ち始めると、なんだか自分の身の回りの垢がポロポロ剥がれ落ちていくようで爽快感すら覚えるようになりました。

捨てることによって空いたスペースに、新たなチャンスを取り込むというイメージでしょうか。

学びついでに、小綺麗な心持ちと身綺麗な立ち居振る舞いで新年を迎えられるよう12月は凛として過ごしていきたいと思っています。
断捨離という今どきの流行語に便乗するわけではないですが、物事を断って捨てて離さないとプラス志向の新しい運気が入ってこないことがようやく分かりました。

行く年・くる年、捨てるものは捨てて新しい運気が入ってくるように周辺を整理整頓して、更なる飛躍を目指してガンバリマス。

では来月もまた。

平成29年12月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<ジャンプ・スターター ~くるマル号の絵日記~>

●10月の運行を無事終えてみて思ったことは、「人も車も無事が一番」ということでした。 何より、毎日快調に朝起きることができて、いつものようにくるマル号に乗り込んで、仕入れを準備万端整えて予定通りのコースをほぼ予定通りに毎日運行することができるということは、大げさかもしれませんが「奇跡」の連続といえるでしょう。

実は、移動スーパーくるマル号の装備は、冷蔵庫や冷凍庫に各種電装品といった設備を軽自動車の小さなバッテリーで駆動しているので、 待機電力の消費も半端ではないんです。
長時間駐車でうっかり元電源をOFFにし忘れると、即バッテリー上がりを起こしてしまいます。

夏場は1時間ぐらいの停車でもバッテリー上がりを起こしてしまい、運行先でレスキューを呼んで、お会計「壱萬円也」となったこともありました。
そのような経験から、救援車を待ってブースター・ケーブルをつないで復活させる方法から、「ジャンプ・スターター」なる、スマホを少し大きくした程度の軽量コンパクトなエンジンスターターを見つけ出し、不意なバッテリー上がり時に対処するようになりました。
これはスマホの充電や家電品の緊急電源にも使えるスグレモノで、7~8千円程度で買えるので使い方によっては価格以上の価値があるグッズです。

1週間に2回を毎週、ほぼ同じ時間に利用者様のお宅を訪問するくるくるマルシェ。
ありがたいことに、皆さんの体内時計が「そろそろ来る頃」と覚えてくださっていて、訪問時間近くになると表に出て待っていてくれる方が多いです。
そんなですから、「途中でトラブりました」は、利用者さんにとっては大迷惑な話となるのです。

この前のバッテリー上がりのトラブル時には、レスキュー車を呼んで復活するまでに約1時間のタイムラグが発生してしまい、ハラハラ・ドキドキでしたが、たまたま3軒の利用者様からお休みの連絡が入っていて、大きな混乱はなく無事運行することができたのは結果的にラッキーでした。こんなラッキーさがいつも続くはずがなく、何か対策をと考えていてジャンプ・スターターにたどり着いたわけです。

しかし、その一方で利用者様の健康状態に関しては最近黄色信号の方々が増えてきました。
体調不良の箇所は皆さんそれぞれで多岐にわたり、「病院での診察も1日がかりで疲れる」といったコメントをよく耳にします。
お体の不調を即刻解決する「ジャンプ・スターター」のようなものはなく、病院に通院する段取り一つとってもご苦労の様子がうかがわれます
そんな通院でのストレスを発散させる場が週2回の「くるくるマルシェ」での買い物と他愛もない会話、と言ってくださることに益々重責を感じる今日この頃となりました。

なので、くるマル号はもはや身勝手な休業や大幅な遅延は許されない存在となったのでした。
移動販売とは言え、軒先まで移動して車載の商品を売買するそのやりとりは、一軒のお店と消費者の関係そのものです。
なんでも揃うお店、便利なお店、おいしいお店、買いやすいお店、良心的な価格のお店・・・
お客様がお店を選ぶ基準は様々ですが、定休日以外特別な事情がないかぎりはいつも開いてるお店で、いつものようにいつものサービスを提供してくれるお店ということがお客様から信頼を得られやすいお店になるのではないでしょうか。

まだスタートしてやっと半年が過ぎたばかりです。
すべての事がまだまだこれからですが、当たり前のお店に一日でも早くなれるよう日々営業を続けていきます。
奇跡の毎日がこれからも続くよう、利用者様にも奇跡が起こりますよう、いざという時のジャンプ・スターターを目指します!

では来月もまた。

平成29年11月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<秋雨前線異状なし ~くるマル号の絵日記~>

●9月を終えてみて、「くるマル号」の3ルートは一応快調に運行を果たすことができました。
<須和間~緑ヶ丘~白方中央~舟石川>の月・木コース、<川根~南台~照沼~村松北~外宿>の火・金コース、<久慈町~南高野~大森町>の水・土コースで3ルートです。

毎日朝7時半ごろに出発して、母店である「かわねや南高野店」にて10時ごろまでひたすら商品の仕入れに没頭し、それが終わると間髪入れず午前中の10軒を目指してスタート。
予定通り正午頃に午前中の訪問先をクリアすると、減った商品を補充するために再度南高野店へ。
午後の仕入れをこなして午後1時頃一旦本社に戻り、郵便物やメールチェックをしながら昼食して午後2時に午後の訪問先に向けて再スタートするという毎日です。
訪問スーパーをやってみてわかったことは、理屈も屁理屈もなく一言、「体力勝負!」だということでした。

毎朝4時ごろに起床して、出発する7時過ぎまでの3時間で書類の決裁やメールの返信、その他諸々の雑用をこなします。
(早朝で電話もかかってこないので、思いのほかサクサク仕事がススミます)
日中は前述の通りで、夕方以降は残務処理や明日の準備やらで気が付くと夜の8時の閉店時間。

その後夕食がてらニュースを見ながら晩酌をチビチビやってるとあっという間に10時。
風呂入って布団に入ると瞬時に爆睡、です。
2~3年前と比べると随分健康的な日々を送る様になりました。
夜更かしが常だった40代と比べると、睡眠時間はそれなりにとれているようです。

とはいえ、日中ひんぱんにあくびが出てしまいます。何で季節の変わり目ってこうも眠いんでしょ、、、(・ゞ)ゴシゴシ
カラダの転換が気候についていけないから眠いのかも・・・
でも運転業務なので、無理せず適宜屈伸運動などをしながらゆとりの運行を心がけています。

そろそろ秋雨前線ってやつですかねぇ、お天気予報も雨マークの日が多くなってきました。
雨の日はいろいろな意味で憂鬱になりますね。
積込みや販売の時に商品が濡れてしまったり、そもそもお客様の大半が高齢者なので足元が悪いと滑ったり転んだりととても危険なのです。

ん?今まで5カ月ほど訪問スーパーを運行してきて「雨の日」ってあったっけ?と今振り返ってみました。
前日の予報で「雨」となっていても、なぜか当日は小雨から曇りになってくれたり、台風接近の予報でも夜中の内に通過してくれて翌朝は晴れていたり、
または大きく進路を変えてくれたり、水戸や那珂市で降っていても東海だけ曇りだったりしたのでした。
確たる根拠はないのですが、いくら天気予報で「雨です!」と言っていても、なんか「降る気がしない」のです。
そして運行中は本当に雨が降らないのでした。朝までに降りやんでくれたり、夜から降り出したり、たまに一日中降った日があってもそれが休みの日だったり。

どうやら私って究極の「ハレれ男!」だったんですねぇ。
利用者様からも「そういえばいつも外で買物してるんだけど、雨降ったことないよねぇ?」と太鼓判。
変に自慢しちゃうとツケが回ってきたみたいに後半は雨や雪だらけになっちゃうのかもしれませんが、あしたも天気になぁ~れ!!
と、くるマル号につけてる「てるてる坊主」に願いを込める私だったりします。
「くるくるマルシェ」と「てるてる坊主」、いいコンビです!
ということで現在のところ、秋雨前線異状なし!です。(一応、西部戦線異状なしなんて古い映画の戦線と前線をかけているつもり)

では来月もまた。

平成29年11月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<生命の誕生と終焉 ~くるマル号の絵日記~>

●8月末現在で、「くるマル号」の運行ルートは東海村内の2ルートと日立市南部久慈町界隈の3ルートが完成しました。
月・木ルートと火・金ルートの東海2コースと水・土の日立南部コースそれぞれ3コースで、約100軒の契約者宅を週2回定期的に巡回することになりました。
これでくるマル1号車は、月曜日から土曜日までエリア別の3コースを定期的に巡回するフル稼働体制となります。

4月から運行を開始して早いもので5カ月が経過しました。
私は当初、運行開始から6カ月以内に契約軒数120件をクリア、月間売上150万円以上をクリアという目標を掲げました。
売上至上主義ではありませんが、最低限、日販6万円以上で25日稼働、月間150万円以上を売り上げないと事業継続が困難になると試算したからです。
おかげさまで、自身の健康もあってか、今のところつまづくこともなく順調に運営ができています。(決して経営が楽ということではありませんよ(笑))
現在、約100軒前後の契約者様にご利用いただいておりますが、こんな規模でも、もはや「赤字なので撤退します」とは言えない状況となっております。

自由意思で買い物ができるということが日々の生活の中での有意義、利用者さんの90%以上が女性ですので、お買い物にもリズム感があります。
くるマル号が到着すると「待ってました!」とばかりに、買い物かごにポンポン品物を入れてゆく様は、傍から見ていて実に小気味よいものです。
お買い物歴ウン十年の猛者?ばかりですから、品物を選ぶ目利きと手際の良さは天下一品です!
大体皆さん、一回のお買い物にご予算はいくらぐらいと決めているみたいで、結果、お会計の誤差はご予算との差額が数十円単位であることが多く、これもまた驚きです。

ともすると、周囲から数人のご近所さんがやってきて即席の井戸端会議が始まります。利用者さんの援護射撃で、集まった方々にもその場でご新規さんになっていただくことも。
「あの人ら、あたしが紹介してやったっんだかんね!」、「あんがとね、これ紹介料。とポケットティッシュを束でポン!」
こんな何気ない日常が当たり前のように続くことに、私も利用者の皆さんもささやかな幸せを感じています。
しかし、ある日突然、「長い間お世話になりました。〇月〇〇日をもって運行を終了します」となったら、現在利用してくださっている皆さんはどのようなショックを受けるでしょうか?
もはや後戻りはできない、遠い先に見える一筋の光明をたどって延々と運行をし続けなければならない「くるマル号1号車」となったのでした。

しかし、くるマル号は希望に満ち満ちて邁進して行くとも、利用者さんの80%以上が70代半ば以上ですからある日突然「異変」がおこることもあります。
それは8月のお盆前のある日の出来事。
その日もいつものようにとある利用者様のお宅を訪問しました。
ピンポーンと呼び鈴、「こんちはー、○○さん!」、「・・・」と無言。
再度ピンポーン「こんちはー、○○さん!おそのえですよ~!!」、「・・・」またも同じ。
今日はお留守かな?と帰りかけたその瞬間、返答の声がかすかに聞こえたような気がしました。
もしかして、と踵を返して玄関前に戻ると今度ははっきりとした返答の声が。
玄関のカギは閉まってましたが宅の横に回って縁側に。
その縁側のサッシ越しに家の中を覗くと、利用者さんのお姿が見えるではないですか!
利用者さんも、「必死に這って出て」きてくださって、サッシのカギを開けてくださいました。
「大丈夫~!」、「まぁ、なんとか・・・」、「なんとかじゃないよぉ~」、「心配しないで・・・」。
こんなやりとりが続いた後、とりあえず大丈夫な様子だったので買い物も済ませてもらって、
「今日、声かけてもらって良かったぁ~」との一言をもらいながら、後ろ髪を引かれる思いではありましたが、
次の訪問先もあるので「じゃ、今度はまた3日後にまたくっからね~、お大事に!」との言葉を掛けてそのお宅を後にしました。

私の活動を知っていくれている民生委員さんから、その日の夜に「○○さんは、結局入院したわよ」とのご報告があり、
約1週間程度入院されるとのこと。何事もなければ退院という所見を聞いて、心配もしましたが同時に安堵もしました。

それから、10日程度経ったある日、何気なく安否伺いのつもりでお宅に寄ってみると、
お隣の方から、「おそのえさん、ごくろうさまです。実は○○さん、入院して3日目にお亡くなりになりまして、もうお葬式も終わりましたよ。」
「あっ、そうですか・・・・」と只々絶句。大事な大事な利用者さんとのお別れとなった初の体験でした。

この利用者様とのご縁も戸別訪問がきっかけでした。
お一人暮らしが長かったところに担当エリアを戸別訪問をしていたウチのスタッフと意気投合。
即、ご利用の意思をいただき、それからずっと、いつもくるマル号の到着を今か今かと楽しみにしていた方です。
ほんの3カ月弱のお付き合いとなってしまい、もっともっと楽しい思い出を作りたかったのですが残念です。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

井戸端会議の延長で新しい仲間が増えることもあれば、ある日突然そこに居るべき人が居なくなる事があります。
大半のお相手が高齢者の皆さんですから、この訪問もあと何年続くのかなぁ、と時々物思いにふけります。
居るべき人がいなくなり、聞き覚えのある言葉がなくなり、陽の向きに関係なくその人の影が映らくなる・・・、
人生のエンディング、終活のヒトコマに身を置くということはそういうことなんだなぁ、と深く考えさせられる出来事でした。
生命の誕生に感動し、生命の終焉に感傷する感性こそが、生きることへの有意義性だと感じました。

くるマル号は誕生してまだ4ヶ月、言うなれば生まれたてホヤホヤの赤ちゃんです。
利用者さんは、ほぼ皆さんが70歳半ば以上の方々ですから、大いなる大先輩の皆さんたちです。
今まで買い物など、たまに気が向いたときしかしてこなかった50過ぎのおっちゃんに、
この大先輩達は、手取り足取り買物のイロハを教えてくれています。
「あのスーパーなら、この商品置いてあっから今度買ってきて」、「あのスーパーは魚の鮮度がいいから好きなんだぁ」、
「この間のスイカ、まんまし甘くなかったわ。アンタ、良く目利きして買ってきな!」などなど。

一般的に、よく高齢者を指して「社会的弱者」と呼ぶことが多いですが、
少なくとも、毎日元気でハツラツと生活している、くるくるマルシェの利用者様はご自身を「弱者」とはハナから思っていないようです。
一人暮らしで買い物やその他に不便は感じていても、案外ご本人たちは買物難民や社会的弱者というネガティブな言葉とはかけ離れたところにいるようです。

こんな皆さんと悲喜こもごもの毎日を送りながら、これからも絵日記のようなくるマル号の運行記を綴ってまいります。

では来月もまた。

平成29年9月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<道徳倫理と人生劇場 ~くるマル号の絵日記~>

7月末現在で「くるマル号」の運行ルートは東海管内のみで2ルートが完成しています。
月・木ルートと火・金ルートの2コースで、それぞれ35軒の契約者宅、総数70件前後の訪問宅を週2回定期的に巡回しています。

4月から7月末まで延べ4カ月間、くる丸号での訪問販売を運行しながら、別動隊が新規訪問先を開拓するという同時展開を続けてまいりました。
今から4ヶ月前の4月10日にくる丸号の運行がスタートしましたが、そのスタート時点に合わせて2か月前から始めた戸別訪問の登録件数は2ルート併せて50軒程度でした。
4ヶ月経過したところで20件増やしたことになりますが、その「プラス20件」の契約を取るためにこの4か月間で一体何件のお宅を訪問したことになるでしょうか・・・、調べたら約4,000軒でした。

訪問先へ聞き取りをする個別訪問は、50軒前後訪問して「詳しい話を聞かせて」と反応があるのは実に2~3件程度。
大半は、インターホン越しに「結構です!」か、「・・・」つまり居留守のどちらかの反応が大半です。
超高齢化がどんどん進んでて、移動販売はこれから伸びる事業だ!と言われていても、実情はこんな感じなのです。
よく玄関先貼ってある「訪問販売お断り!」のステッカーが行く手を阻み続けます。
「売りつけてナンボ」のへそ曲がり業者が、強引な売り込みで妙なクセをつけてしまったので、ピンポンを押した段階では大抵皆さん様子見です。
仕方なく、チラシの余白にメッセージを書いて、祈りを込めてポストに投函するという行動がしばらく続きました。
そんな時、「チラシを見たよ」という電話を受けると、何か宝くじが当たったようで飛び上がるほどうれしくなります。
「買物難民を救え!」というソーシャルビジネスの本質とは、こんな地道な仕込みの上になり立つ根性物語なのです。

ちなみに、訪問販売先を開拓する戸別訪問は、日々の業務の合間を見て大抵午後の2~3時間を充てています。
その対象エリアの密集度にもよりますが、チラシのポスティングではなく一軒一軒を実際に訪ね歩くので、 50軒前後を訪問するにはサクサク行っても2時間以上は軽くかかるものなのです。

場合によっては訪問したお宅の家人から話し込まれたり、前向きに話を聞いて下さる方もいらっしゃって、 そんな時はとっておきのセリフで「くるマル号」の事業説明ができるので救われる気持ちになるのですが、 大半は「必要ないです!」とのネガティブコメントの連発なので、訪問調査を担当するスタッフは2時間以上も歩き疲れた挙句に、「救われない気持ち」で正直心が折れてくるのです。

そのような状況下で孤軍奮闘しているのが別動隊の「隊長」、4月からウチのスタッフになった「スズキさん」です。
この女性スタッフのスズキさん、非常にフットワークが軽くかつ性根も据わっていておまけに人当たりもいいので、 この4ヶ月であれよあれよと20数件の契約先をまとめあげてくれました。

それまでは私が1人でコツコツこなしてた個別訪問も、4月から鈴木さんが加勢してくれたおかげでサクサクと仕事が前向きに進み始め、 今では、くるマル号を私が運行するのと同時に、スズキさんが戸別訪問をするという日々のルーティーンワークが出来上がっています。
私に急用ができれば代理で鈴木さんが代わりに運行もしてくれます。
ありがたいことに、スズキさんとのご縁が今ではこの事業を運営させる肝となっています。
で、8月はいよいよ日立市南部エリアの久慈町から戸別訪問を開始します。つまり、現在空白にしてある水・土ルートの開拓です。
このルート開拓が完結すれば、東海2ルート、日立市南部1ルートの合計3ルートを月~土まで回ることになります。

「ありがとね!」 最近、こちらが「ありがとうございます!」という前に、利用者さんから先にこのようにあいさつされるようになりました。
ホントにこの一言で心が救われる気持ちになります。
また、特に深い意味はないのですが、この事業での、いわゆるお客さんに対しては顧客とかお客さんとかいう呼び方ではなく、業務上では「利用者さん」と呼んでいます。で、実際の現場では利用者の皆さんをそれぞれ名字や名前で呼ぶことにしています。
「佐藤さん、毎度ね~!」とか「トミさん、また今度ね~!」といった調子です。
利用者さんというとなんか役所っぽい感じがしますが、ちなみに、この事業に取り組むうえで「補助金」の類は一切使っておりません。

「使っておりません!」などというと、何か威勢よく格好いい感じに聞こえはしますが、実は、一応補助金制度には応募し採択をされていたものの、情けないことに、くるマル号の納車が締め切り期限に間に合わず、結果的に「補助金取り下げ」という憂き目にあってしまったのが本当の理由です。

有ると無いとでは運営上の影響がきわめて大きい助成金ですが、ミスした!と後ろ向きに捉えず、結果的にその原資が無いことでいろいろの工夫を創出させ、この事業を大きく成長をさせてくれるきっかけを与えてくれた事件となりました。

移動販売事業は概して赤字運営が通常です。なので、なかなか事業者が本腰を入れて事業化しにくいという側面があります。
なので、国・県・市町村などの行政が様々な補助制度を予算化して事業者を募るわけです。
とっかかりとしては必要な助成制度ですが、「補助金ありき」ではこの事業、たぶん失敗すると思います。
必要だから支持される、支持されるから需要と供給のバランスが釣り合う、よって適正利潤が担保されて事業の持続化が可能になる。
ただ便利、だけでは必要とされず支持もされないことが良くわかりました。やはり利用者さんは供給する側の人柄をよく観察しています。

「道徳倫理と人生劇場」、仰々しい言い方ですが、人生の大先輩と日々接していくとはこんな毎日の繰り返しなのです。

では来月もまた。

平成29年8月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<せっせ、せっせとくるマル号 ~くるマル号の絵日記~>

●6月の運行を終えてみると、くるマル号の運行も3カ月が過ぎ走行距離も3千キロを超えました。
現在、東海村内を月・木コースと火・金コースの2コースまわっていて、週4日の運行となっています。
水・土コースに関しては、現在日立市久慈町近辺を調査・開拓中でして、8月下旬頃にはこのルートが完成する予定となっています。 今のところ週4日ペースですと月に16日前後の運行となり、一日の走行距離はおおよそ60キロ前後にも及びます。 燃料費もリッターあたり約7.5キロの燃費となっていて、ひと月2万円を超えるガソリン代を計上しています。

くるマル号の返済、燃料代、保険代、その他諸々といった車両関連で月額5万円、そして人件費を考えると1日あたりの売上は6万円以上欲しいところです。 今のところ5万円の半ばから日によっては7万円近い日もあり、まあまあの水準まで伸びてきました。 とは言え、私の人件費までは(←常識の範囲で!)賄えていない状況であり新規コースの整備を急いでいるところです。

一方、くるマル号をいつも待っていてくれる皆さんはというと、99%がおばあちゃんです。
一線を退いたとはいえ、皆さん百戦錬磨の「買物のプロ」だった方々ですから、物を見る目の厳しさにはいつも勉強をさせられます。

今まで日々の買い物などほとんどしてこなかった50過ぎのおっちゃんが、3か月前ににわか仕込で小さな生鮮食料品店を開店させた様なものです。当初こそ「アレが積んでない、アレはないの?」と役立たずぶり全開でしたが、3ヶ月もたつと皆さんの好みもそろそろわかってきて、 「○○さんの好みはいつもコレだけど、今日はこの新商品も紹介してみるか」など、仕入れにも少々余裕が出てきてイッパシ気取りです。 今では、「アレある?とか、この間、テレビの宣伝でやってた酢ある?」などのリクエストに、ヘイ・ヘイとスパ・スパ物を出せたときに達成感を感じるまでになりました。

そんなくるマル号での訪問スーパーの一日をご紹介します。
毎朝4時半に起きて6時半までに本業の事務諸々を済ませてしまい、(←電話が一本もかかってこないので仕事が超効率的!)7時過ぎにかわねや南高野店へ向けて出発。 7時半ごろから10時頃まで2時間半、売り場内で商品のピックアップ作業が続きます。 10時過ぎに店を出発し、本日の一件目をめざして12時ごろまでに午前中の10数件をこなします。午後のコースに向けて追加するものがあれば、再度仕入れに南高野店へ向かいます。 13時ごろ2回めの積ん込みが終わると一旦本社へ帰ってきます。メールチェックや返信、簡単な事務処理と伝言や連絡事項などをスタッフ達とやり取りしながら速攻の昼ごはん。 14時から午後のコースに向けて出発し約20数件分を回ります。今日のコースの約40軒弱を回り終えると時計の針は18時過ぎ。 本社へ帰ってきて集計作業や日報などを書き込んで、明日の段取りを終えると19時ごろとなります。

正直、当初はすごく疲れを感じてましたが、ペースをつかんでくると体も慣れてきたのか最近は平気になりました。 最近、デスクワークが中心になってたので、50歳を過ぎて体力勝負の毎日はむしろ、30代前後の頃を思いだして活力がみなぎってきます。 血圧が高い、声帯に変調、メタボ気味等々を解消すべく、成るべくして成った役回りに感謝です。 また、私の不在中でも通常業務をこなしてくれているスタッフのみんなにも大いに感謝です!

実に休憩を含めて12時間もせっせ、せっせとくる丸号と一緒に過ごすわけですが、雇用面から言いますと決して労働環境が良いとは言えないのが現状です。 ただ今実証実験として1号車を展開中ですが、現在は私が一手にひき受けてるからいいものの、これをスタッフに担当させる場合には1台につき2名の交代制にするか、 誰かが個人事業主として独立して1台を買い取り、担当地域を回りながら収益を稼いでいくか、のどちらかにしないと雇用環境上よろしくないと思われます。

現役世代が高齢者を支えていくということは、このような基本原理の上に成り立つ社会の仕組みなのです。 「買物弱者を救済せよ」と声高にアナウンスされてから5年以上が経過して、今後様々な企業が今後この分野に進出を検討中です。 当社もその企業の一部ですが、やってみようと思ったことと、やってみたことでは180度感覚が違ったのがこの分野です。 後悔したとか失敗したとかは微塵も思っていませんが、相当の決意と覚悟が求められるソーシャル・ビジネスが移動販売の本質なのだということが今回よくわかりました。

新聞紙上では、大手のコンビニチェーンやスーパーなどが今後移動スーパーに進出を計画計画していると頻繁に報道されるようになってきました。 たぶん、近い将来に資本力を生かして急速に機能面を展開してくるでしょう。このように、今後移動販売を手掛ける事業者がどんどん増えてサービスが多様化いくことには私も大賛成です。 しかし、現場に係る担当者が直面する理想と現実のギャップや労使間の雇用関係、その他、字面では表現できない諸々の要因が経営上の課題となり展開に苦慮することも明白です。 また、補助金ありきもこの事業を運営していくうえで注意する点です。補助金に頼らなくても運営が成り立つ仕組みを考えることが成功の秘訣だと感じました。

どのような事業主体であれ、移動販売を目指すソーシャルワークの事業者は、進出・撤退を採算ベース至上主義で考えてほしくないもです。 便利になったと利用し始めて数年後、この地区は赤字地域なので撤退です、とは今まで数多よくある事例でした。 喜ばせておいてガッカリさせる、人生の総仕上げを生きる80・90歳の高齢者にこれほどキツイ仕打ちはないでしょう。 事業開始前の緻密な市場調査がこの事業を持続可能する肝なのです。

そういう自分自身が、採算性が合わず移動販売事業から撤退などという憂き目にあわないようにするために、現在も必死に石にかじりついているところです。
たかだか3か月チョットかじったぐらいで何を偉そうに、かもしれませんが、今月はせっせ、せっせとくるマル号と日々走り回っていて感じたことを正直にコメントさせていただきました。

移動中の車内でよく、長渕剛さんの「東京青春朝焼物語」をフルコーラスで歌いながら「せっせせっせと東京の人にな~る」を口ずさんでいます。
今日もたぶんそんな感じでエリア内のどこかをウロチョロ走り回っていることでしょう。


ではまた。

平成29年7月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<ダイエット効果バツグン! ~くるマル号の絵日記~>

足腰が不自由な高齢者で買い物が大変だ、という買物困難者と呼ばれる人たちが増えてきています。
資料によって様々なデータがありますが、経済産業省の調べによると全国で700万人前後の方々がいて今後も増加傾向にあるそうです。背景には大手スーパーの寡占化があり、地方のスーパーが競争力を失い、過疎地域からの撤退が相次いである日突然近所から突然スーパーがなくなった、などの理由で買い物困難者が一挙に増えてる、という特番ニュースも幾度となく放映されようになってきました。

コンビニの宅配サービスも随分と普及はしてきました。しかし、あくまでインターネットが前提。ネット操作はまだまだ一般的な高齢者にはハードルが高いです。操作面でもそうですが、そもそも字が小さくて見ずらいのと、目が弱っているのでついつい敬遠してしまうという声を多く聞きます。

また、宅配弁当も1ヶ月程度食べ続けるとまた同じサイクルで似たようなメニューが出てくるので飽きてしまう、と皆さんよく言われます。さらに、どうしてもおかずに生ものは避けられますので、しばらく刺身を食べていない、という方も多いようです。

週末に息子さんやお嫁さんなどと一緒にスーパーに買い付け、とは言いつつも気が引けるという気持ちもわかりますし、タクシーや公共交通利用といっても、出費の面や時間のロスなども含めていつも利用するわけにもいかないでしょう。
これらの不便さを少しでも解消できないか、と取り組み始めたのが私たちの「訪問スーパー:くるくるマルシェ」です。

小回りの利く架装軽トラックにたくさんの商品を積み込んで、皆様の自宅までお伺いすればお買い物がグッと身近になるのではないかと。足腰がさらに悪くて歩行するものやっとという高齢者にも、ご自宅の玄関先まで車を横付けしますので、自分で商品を見て、選んで、手に取って、悩んで購入する、という日常生活の中にある小さな喜びを提供できることにやりがいを見出せそうな気がしました。

地域の人にとっては近くて買いやすかった地元のスーパーも、大手のスーパーの出店でたちまち撤退、なんてことは良くある話。そのガリバーのような大手スーパーにとって小さいアリのうような存在の私たち地元の商店主。大手のスーパーをただ敵視することではなく、地元スーパーと地元商店が何とかタイアップして、買い物に不自由さを感じてる地元の消費者を支援できないか、ということが私たちのコンセプトなのであります。

では、買い物に不自由さを感じてる地元の消費者をどう支援するのか?はじめの一歩は、カバーしようとするエリアのお宅を一軒一軒訪問することから始めます。過去の体験上成約率は5%前後ですから、任意のエリアを100件程度訪問すると大体5件ぐらいから是非にとお声をいただけます。単にチラシを配ってどうですか?と聞き歩くのではなく、「買い物に困っていないか?」と聞き取りや要望を聞いて需要を探っていきます。本当に買い物に困っている方々を線でつないでいくとそのエリアのコースが組みあがります。

そのようにして、1日に訪問する件数を確定して販売時間をフルに使い効率よく巡回します。訪問するお宅と個人が決まっていればおおよその商品群が読めてきます。訪問する方々のお顔を思い浮かべながら、いつもの商品とその方に好まれそうな新商品やオススメの商品を積み込むといった具合に、諸々1日のコース分を積み込むとかなり圧巻の量になります。この、「いっぱい積んでる!」というボリュームが大事なのです。

とは言え、1日の販売が終わると多少の売れ残りもあります。特に生鮮品は翌日に持ち越せないので、もともとお声がけしておいた飲食店などに「お通し」の材料として使ってもらえるよう買い取ってもらっています。

とまあ、こんな具合で地域が良い意味でグルになって協力し合い、自分たちの生き残りもかけつつ地域に貢献するということをやっています。全てが手探りですから、3歩進んでは2歩下がるといった具合でやってますが、当面はコツコツやり続ける以外に方法はありません。

また、やりだしてみてよくわかったことは、毎日コースごとに訪問販売をして巡回するということはズバリ体力勝負だということでした。朝7時半にスーパーへ行って商品を積み込むことおおよそ2時間半。午前中に10軒、午後に20軒以上を訪問することは意外にハードです。お昼ごはんやトイレも速攻です。まぁ、あまり健康的ではありませんが、ダイエットには持って来いの職種ですね。(笑)まだ成果は出てませんが、今後の体重の減り具合が楽しみです!!

スタートして約1カ月半が経過しましたが、とりあえず元気やってます!ということをお伝えして今月のコメントとします。

ではまた。

平成29年6月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<ただ今工事中です ~くるマル号の絵日記~>

みなさん、今月もよろしくおねがいします。
4月からスタートした「訪問スーパー・くるくるマルシェ」。
運行内容としては、地元東海村で高齢化率が最も高い地区の1つとされる「緑ヶ丘団地」とその周辺エリア、また、「南台団地」とその周辺エリアをそれぞれ、月・木、火・金と週に2回のペースでおなじみの音楽を流しながら訪問させていただいております。
現在、水・土は空白となっていますが、この日は調査訪問の日として、まだ空白のエリアにある皆さんの戸別訪問の時間にあてています。

先月1か月間訪問スーパーをスタートしてみていろいろと分かってきたことがありました。
それは東海村って意外と、買物に困っている人がそれほど多くない、ということでした。

村内に大型店がホームセンターやスーパーなど8店ほどあり、ブックセンターなども含めると随分多彩な商業施設がありますね。今更ながらですが、6Km四方程度の「村」にこれだけの大型店と、移動のための福祉行政「バスやあいのりくん」などが充実している行政区は、この辺ではここ東海村だけでしょう。
―コンパクトで暮らしやすい東海村-、視点の角度を変えて地元を見直すと、このようにいろいろと再発見することがあります。

現在、くるマルくんを利用してくれている東海村内の契約者さんは約60軒前後で、目標の100件程度にはまだまだ契約先が足らないのが現状です。 4月の運行スタート時こそ約100軒程度のご契約先があったのですが、1か月の間に徐々に減ってきていて現在のご契約軒数ということになりました。 理由としては、週に2回も来ていただいているのにあまり買うものがなく気の毒だから、不在がちなのでタイミングが合わず悪いから、などが主な理由です。 その都度、「少なくてもいいんですよぉ~」、「別に気にしなくてもいいんですよぉ~」とお答えてしてるんですが、皆さん気の優しい方が多くて恐縮してしまってるようです。 この様に、皆さんの心持ちが豊かなのも村民性のひとつですよね。

70歳半ばを超えてもまだ現役で運転される方が多く、動けるうちは自分で買い物に行けるので困っていないという方、 週末は、息子さんや娘さんのご家族の皆さんとドライブがてらまとめてお買い物に、週中もデマンドタクシーでイオンに買物、それ以外は生協で食料品を調達される方、 聞き取りをしてみると、東海村ではざっとこんなライフスタイルの高齢者の方々が多いようでした。 動けるうちはどんどん活動していただくことが何よりですし、今までのお買い物のルーティーン、週末のご家族とのコミュニケーションも何より必要です。 くるマルくんは、そのようなライフワークバランスを崩すことを目的としていませんので、利用者様から申し出があればサッと引くようにしています。

しかし、あと数年もすれば徐々に高齢者の方々のライフスタイルにも変化が表れてくるでしょうから、 その時にもし、「買い物について何らかのサポートがあれば」というリクエストに、ウチのくるマルくんがご指名を受けられるよう今後もノウハウを研鑽していきたいと思っています。

一方で、事業パートナーである仕入れ先の「かわねや」さんからは、大至急"日立市久慈町や森山町周辺で展開してほしい"と言われています。 毎朝、かわねやさんの南高野店で仕入れをしているとわかるのですが、お買い物をしているお客様は高齢者の方々が非常に多いです。 店長にお伺いしてみると、実に45%が65歳以上のお客様だそうです。なので、雨の日には極端に客足が鈍るのだそうです。 そりゃそうですよね、お客様の半分近くがシルバーカートを押しながら坂の中腹にある南高野のお店に、休み休みながらお買い物に来てるんですから。

1年間は地元東海村でノウハウを蓄積して2年目から隣接市に展開、などと悠長に考えていましたが、こんなリクエストがある以上どうにかしなければなりません。

なので、5月からは久慈町や森山町に足を踏み入れて調査訪問を強化していきたいと思っています。 これからは、週の2日は日立地区に入ることになるので、東海地区をより凝縮して回りたいと思っています。

これからも皆さまからいろいろとアドバイスをいただき、使い勝手の良い「くるマルくん」に育てていこうと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。

平成29年5月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之

<はじめまして、くるマル号です ~くるマル号の絵日記~>

みなさん、今月もよろしくおねがいします。
さて、いよいよ4月です。新スタートを切るにふさわしいおだやかな春の季節となりました。
新スタートと言えば、いよいよ「訪問スーパー・くるくるマルシェ」が今月から運行開始です。

毎月の進捗で経過をご案内してきましたので、ご存知の方も多いかとは思いますが、
去年の2月から基本計画、4月から事業準備、紆余曲折があっていよいよ今月オープン。
一年ちょっとかかってしまい感無量という感じもしますが、始まれば継続性が大前提の社会事業です。
数年して事業断念、とならぬよう、経営者感覚を研ぎ澄ましてまいりたいと思います。(重責です!)

地元東海村で高齢化率が最も高い地区の1つとされる「緑ヶ丘団地」を全軒訪問させていただき、
約30軒前後のお客様から訪問契約をいただきまして、4月より毎週月・木に定期的にお伺いさせていただく予定です。
また、「南台団地」も全軒訪問しこちらも同じく約30軒の契約、火・金と回ります。
未だ水・土のコースを空白にしてますが、4月のテストマーケティングを確認してから東海村内の全域を対象にしていこうと思います。

事業パートナーである仕入れ先の「かわねや」さんからも、"1日でも早く日立市や常陸太田市で展開してほしい"と言われてまして、この事業の成長性を肌身に感じています。
先ずは地元で実証実験を積み上げて経験値を生かしながら、着実に実績を重ねてまいりたいと思っています。
末永い事業モデルに育てることで、ひとりでも多くの「日々のお買い物にお困りの方」にご利用をいただければと思っています。

「訪問スーパー くるくるマルシェ おうちの前がマーケット!!」略して「くるマルくん」。
可愛さバツグンのキャラクターデザインやロゴはご覧の通りですが、テーマソングは只今至急作り上げているところです。
ここまでオール茨城で開発してきました。

これからも皆さんにかわいがっていただけるように、茨城の良さを最大限アピールしていきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

平成29年4月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之