おそのえ

お買い得・オススメ商品や店主の一言コメントなど内容満載でお届け!

顔写真

おそのえ代表 小薗江 利之

みなさん、こんにちは。
当店は、「私たちは、和・穀・菜・酒をとおして、お客様の感動と健康に貢献するとともに、心をひとつにし、地域と一緒になって、社員の幸せと企業の繁栄を目指します」の経営理念の下で日々営業をさせていただいております。
気が付けば今年は創業60年という節目の年。今までにもいろいろなことがありましたが、これからも皆さんと一緒に社歴を重ねてまいりたいと思っています。
地に深く根を張り、風雪にも耐え、着実に年輪を重ねながら100年企業を目指して末広がりの成長を目指してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

店舗写真
和穀菜酒 おそのえ
〒319-1111
茨城県那珂郡東海村舟石川832-2
TEL:029-282-0087
FAX:029-282-0089

原研通り真崎商店会

茨城県、東海村でお弁当・お米・お酒を販売しているお店です

逸品紹介

オススメの逸品

★くるくるマルシェ1号車の1日
・7:00~本日のコース確認と販売商品の確認
・7:30~かわねや南高野店にて午前コースの商品の積込み開始
・10:00~かわねや南高野店出発~訪問エリアへ

<午前の訪問エリア営業終了(約10軒程度)>
・12:30~かわねや南高野店にて午後コースの商品積込み開始
・14:00~午後コースの訪問エリアへ

<午後の訪問エリア営業終了(約20軒程度)>
・17:30~18:00本日の営業の集計
・18:30~明日のコースを確認して営業終了

↑くるくるマルシェはこのような流れで1日を活動しています。
※朝10時から夕方5時ごろまでが主な販売時間となります。

作詞:Kashin/進藤 真哉
作曲:坪川 隆太
唄 :Kaoru Higuchi

楽曲をダウンロード(MP3) 歌詞をダウンロード(Wordファイル)

●くるくるマルシェを利用したくなったら?
1号車専用電話 070-2660-6487 までお電話ください。
月~土曜日の訪問コースの中で、お客様のご希望の曜日と時間帯に合わせて訪問日を設定します。
基本は定期的に訪問してほしいという契約が必要です。
契約には一切の料金が発生いたしません。また、退会も随時自由にできます。

●くるくるマルシェの営業時間は?
朝10時ごろから夕方5時ごろまでが営業時間です。
現在のところ、それ以外のお時間帯の営業は設定しておりません。
雨や雪では状況により予定通りにお伺いするつもりですが、
台風などの警報が発令された場合は安全面を考慮して休業します。

●くるくるマルシェの買物の仕方は?
お伺いした訪問販売車に積んである商品を自由にお買い上げいただけます。
表示価格もかわねやさんの店頭での価格ですので非常にお買い得です。(価格は税抜き表示)
ただし、訪問販売手数料として「一品につき10円」をいただきます。
例えば、3品購入されたら30円、10品購入されたら100円というように、
お買上げ金額に応じてではなく、お買上げ点数で手数料をいただきますので非常に割安です。
また、必要なものがあればご注文下さい。次回の訪問時にご用意します。

●くるくるマルシェの販売エリアは?
平成29年4月より東海村内の2エリアからスタートして10月頃までに3エリア、
平成30年4月頃より常陸太田市、日立市などへエリアを拡大の予定です。

<生命の誕生と終焉 〜くるマル号の絵日記〜>

●8月末現在で、「くるマル号」の運行ルートは東海村内の2ルートと日立市南部久慈町界隈の3ルートが完成しました。
月・木ルートと火・金ルートの東海2コースと水・土の日立南部コースそれぞれ3コースで、約100軒の契約者宅を週2回定期的に巡回することになりました。
これでくるマル1号車は、月曜日から土曜日までエリア別の3コースを定期的に巡回するフル稼働体制となります。

4月から運行を開始して早いもので5カ月が経過しました。
私は当初、運行開始から6カ月以内に契約軒数120件をクリア、月間売上150万円以上をクリアという目標を掲げました。
売上至上主義ではありませんが、最低限、日販6万円以上で25日稼働、月間150万円以上を売り上げないと事業継続が困難になると試算したからです。
おかげさまで、自身の健康もあってか、今のところつまづくこともなく順調に運営ができています。(決して経営が楽ということではありませんよ(笑))
現在、約100軒前後の契約者様にご利用いただいておりますが、こんな規模でも、もはや「赤字なので撤退します」とは言えない状況となっております。

自由意思で買い物ができるということが日々の生活の中での有意義、利用者さんの90%以上が女性ですので、お買い物にもリズム感があります。
くるマル号が到着すると「待ってました!」とばかりに、買い物かごにポンポン品物を入れてゆく様は、傍から見ていて実に小気味よいものです。
お買い物歴ウン十年の猛者?ばかりですから、品物を選ぶ目利きと手際の良さは天下一品です!
大体皆さん、一回のお買い物にご予算はいくらぐらいと決めているみたいで、結果、お会計の誤差はご予算との差額が数十円単位であることが多く、これもまた驚きです。

ともすると、周囲から数人のご近所さんがやってきて即席の井戸端会議が始まります。利用者さんの援護射撃で、集まった方々にもその場でご新規さんになっていただくことも。
「あの人ら、あたしが紹介してやったっんだかんね!」、「あんがとね、これ紹介料。とポケットティッシュを束でポン!」
こんな何気ない日常が当たり前のように続くことに、私も利用者の皆さんもささやかな幸せを感じています。
しかし、ある日突然、「長い間お世話になりました。〇月〇〇日をもって運行を終了します」となったら、現在利用してくださっている皆さんはどのようなショックを受けるでしょうか?
もはや後戻りはできない、遠い先に見える一筋の光明をたどって延々と運行をし続けなければならない「くるマル号1号車」となったのでした。

しかし、くるマル号は希望に満ち満ちて邁進して行くとも、利用者さんの80%以上が70代半ば以上ですからある日突然「異変」がおこることもあります。
それは8月のお盆前のある日の出来事。
その日もいつものようにとある利用者様のお宅を訪問しました。
ピンポーンと呼び鈴、「こんちはー、○○さん!」、「・・・」と無言。
再度ピンポーン「こんちはー、○○さん!おそのえですよ〜!!」、「・・・」またも同じ。
今日はお留守かな?と帰りかけたその瞬間、返答の声がかすかに聞こえたような気がしました。
もしかして、と踵を返して玄関前に戻ると今度ははっきりとした返答の声が。
玄関のカギは閉まってましたが宅の横に回って縁側に。
その縁側のサッシ越しに家の中を覗くと、利用者さんのお姿が見えるではないですか!
利用者さんも、「必死に這って出て」きてくださって、サッシのカギを開けてくださいました。
「大丈夫〜!」、「まぁ、なんとか・・・」、「なんとかじゃないよぉ〜」、「心配しないで・・・」。
こんなやりとりが続いた後、とりあえず大丈夫な様子だったので買い物も済ませてもらって、
「今日、声かけてもらって良かったぁ〜」との一言をもらいながら、後ろ髪を引かれる思いではありましたが、
次の訪問先もあるので「じゃ、今度はまた3日後にまたくっからね〜、お大事に!」との言葉を掛けてそのお宅を後にしました。

私の活動を知っていくれている民生委員さんから、その日の夜に「○○さんは、結局入院したわよ」とのご報告があり、
約1週間程度入院されるとのこと。何事もなければ退院という所見を聞いて、心配もしましたが同時に安堵もしました。

それから、10日程度経ったある日、何気なく安否伺いのつもりでお宅に寄ってみると、
お隣の方から、「おそのえさん、ごくろうさまです。実は○○さん、入院して3日目にお亡くなりになりまして、もうお葬式も終わりましたよ。」
「あっ、そうですか・・・・」と只々絶句。大事な大事な利用者さんとのお別れとなった初の体験でした。

この利用者様とのご縁も戸別訪問がきっかけでした。
お一人暮らしが長かったところに担当エリアを戸別訪問をしていたウチのスタッフと意気投合。
即、ご利用の意思をいただき、それからずっと、いつもくるマル号の到着を今か今かと楽しみにしていた方です。
ほんの3カ月弱のお付き合いとなってしまい、もっともっと楽しい思い出を作りたかったのですが残念です。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

井戸端会議の延長で新しい仲間が増えることもあれば、ある日突然そこに居るべき人が居なくなる事があります。
大半のお相手が高齢者の皆さんですから、この訪問もあと何年続くのかなぁ、と時々物思いにふけります。
居るべき人がいなくなり、聞き覚えのある言葉がなくなり、陽の向きに関係なくその人の影が映らくなる・・・、
人生のエンディング、終活のヒトコマに身を置くということはそういうことなんだなぁ、と深く考えさせられる出来事でした。
生命の誕生に感動し、生命の終焉に感傷する感性こそが、生きることへの有意義性だと感じました。

くるマル号は誕生してまだ4ヶ月、言うなれば生まれたてホヤホヤの赤ちゃんです。
利用者さんは、ほぼ皆さんが70歳半ば以上の方々ですから、大いなる大先輩の皆さんたちです。
今まで買い物など、たまに気が向いたときしかしてこなかった50過ぎのおっちゃんに、
この大先輩達は、手取り足取り買物のイロハを教えてくれています。
「あのスーパーなら、この商品置いてあっから今度買ってきて」、「あのスーパーは魚の鮮度がいいから好きなんだぁ」、
「この間のスイカ、まんまし甘くなかったわ。アンタ、良く目利きして買ってきな!」などなど。

一般的に、よく高齢者を指して「社会的弱者」と呼ぶことが多いですが、
少なくとも、毎日元気でハツラツと生活している、くるくるマルシェの利用者様はご自身を「弱者」とはハナから思っていないようです。
一人暮らしで買い物やその他に不便は感じていても、案外ご本人たちは買物難民や社会的弱者というネガティブな言葉とはかけ離れたところにいるようです。
こんな皆さんと悲喜こもごもの毎日を送りながら、これからも絵日記のようなくるマル号の運行記を綴ってまいります。


では来月もまた。

平成29年9月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之