おそのえ

お買い得・オススメ商品や店主の一言コメントなど内容満載でお届け!

顔写真

おそのえ代表 小薗江 利之

みなさん、こんにちは。
当店は、「私たちは、和・穀・菜・酒をとおして、お客様の感動と健康に貢献するとともに、心をひとつにし、地域と一緒になって、社員の幸せと企業の繁栄を目指します」の経営理念の下で日々営業をさせていただいております。
気が付けば今年は創業60年という節目の年。今までにもいろいろなことがありましたが、これからも皆さんと一緒に社歴を重ねてまいりたいと思っています。
地に深く根を張り、風雪にも耐え、着実に年輪を重ねながら100年企業を目指して末広がりの成長を目指してまいります。
どうぞよろしくお願いいたします。

店舗写真
和穀菜酒 おそのえ
〒319-1111
茨城県那珂郡東海村舟石川832-2
TEL:029-282-0087
FAX:029-282-0089

原研通り真崎商店会

茨城県、東海村でお弁当・お米・お酒を販売しているお店です

逸品紹介

オススメの逸品

★くるくるマルシェ1号車の1日
・7:00~本日のコース確認と販売商品の確認
・7:30~かわねや南高野店にて午前コースの商品の積込み開始
・10:00~かわねや南高野店出発~訪問エリアへ

<午前の訪問エリア営業終了(約10軒程度)>
・12:30~かわねや南高野店にて午後コースの商品積込み開始
・14:00~午後コースの訪問エリアへ

<午後の訪問エリア営業終了(約20軒程度)>
・17:30~18:00本日の営業の集計
・18:30~明日のコースを確認して営業終了

↑くるくるマルシェはこのような流れで1日を活動しています。
※朝10時から夕方5時ごろまでが主な販売時間となります。

作詞:Kashin/進藤 真哉
作曲:坪川 隆太
唄 :Kaoru Higuchi

楽曲をダウンロード(MP3) 歌詞をダウンロード(Wordファイル)

●くるくるマルシェを利用したくなったら?
1号車専用電話 070-2660-6487 までお電話ください。
月~土曜日の訪問コースの中で、お客様のご希望の曜日と時間帯に合わせて訪問日を設定します。
基本は定期的に訪問してほしいという契約が必要です。
契約には一切の料金が発生いたしません。また、退会も随時自由にできます。

●くるくるマルシェの営業時間は?
朝10時ごろから夕方5時ごろまでが営業時間です。
現在のところ、それ以外のお時間帯の営業は設定しておりません。
雨や雪では状況により予定通りにお伺いするつもりですが、
台風などの警報が発令された場合は安全面を考慮して休業します。

●くるくるマルシェの買物の仕方は?
お伺いした訪問販売車に積んである商品を自由にお買い上げいただけます。
表示価格もかわねやさんの店頭での価格ですので非常にお買い得です。(価格は税抜き表示)
ただし、訪問販売手数料として「一品につき10円」をいただきます。
例えば、3品購入されたら30円、10品購入されたら100円というように、
お買上げ金額に応じてではなく、お買上げ点数で手数料をいただきますので非常に割安です。
また、必要なものがあればご注文下さい。次回の訪問時にご用意します。

●くるくるマルシェの販売エリアは?
平成29年より東海村の2コースと日立市南部(久慈町周辺)1コースとの計3コースを設定しています。


<ジャンプ・スターター ~くるマル号の絵日記~>

●10月の運行を無事終えてみて思ったことは、「人も車も無事が一番」ということでした。 何より、毎日快調に朝起きることができて、いつものようにくるマル号に乗り込んで、仕入れを準備万端整えて予定通りのコースをほぼ予定通りに毎日運行することができるということは、大げさかもしれませんが「奇跡」の連続といえるでしょう。

実は、移動スーパーくるマル号の装備は、冷蔵庫や冷凍庫に各種電装品といった設備を軽自動車の小さなバッテリーで駆動しているので、 待機電力の消費も半端ではないんです。
長時間駐車でうっかり元電源をOFFにし忘れると、即バッテリー上がりを起こしてしまいます。

夏場は1時間ぐらいの停車でもバッテリー上がりを起こしてしまい、運行先でレスキューを呼んで、お会計「壱萬円也」となったこともありました。
そのような経験から、救援車を待ってブースター・ケーブルをつないで復活させる方法から、「ジャンプ・スターター」なる、スマホを少し大きくした程度の軽量コンパクトなエンジンスターターを見つけ出し、不意なバッテリー上がり時に対処するようになりました。
これはスマホの充電や家電品の緊急電源にも使えるスグレモノで、7~8千円程度で買えるので使い方によっては価格以上の価値があるグッズです。

1週間に2回を毎週、ほぼ同じ時間に利用者様のお宅を訪問するくるくるマルシェ。
ありがたいことに、皆さんの体内時計が「そろそろ来る頃」と覚えてくださっていて、訪問時間近くになると表に出て待っていてくれる方が多いです。
そんなですから、「途中でトラブりました」は、利用者さんにとっては大迷惑な話となるのです。

この前のバッテリー上がりのトラブル時には、レスキュー車を呼んで復活するまでに約1時間のタイムラグが発生してしまい、ハラハラ・ドキドキでしたが、たまたま3軒の利用者様からお休みの連絡が入っていて、大きな混乱はなく無事運行することができたのは結果的にラッキーでした。こんなラッキーさがいつも続くはずがなく、何か対策をと考えていてジャンプ・スターターにたどり着いたわけです。

しかし、その一方で利用者様の健康状態に関しては最近黄色信号の方々が増えてきました。
体調不良の箇所は皆さんそれぞれで多岐にわたり、「病院での診察も1日がかりで疲れる」といったコメントをよく耳にします。
お体の不調を即刻解決する「ジャンプ・スターター」のようなものはなく、病院に通院する段取り一つとってもご苦労の様子がうかがわれます
そんな通院でのストレスを発散させる場が週2回の「くるくるマルシェ」での買い物と他愛もない会話、と言ってくださることに益々重責を感じる今日この頃となりました。

なので、くるマル号はもはや身勝手な休業や大幅な遅延は許されない存在となったのでした。
移動販売とは言え、軒先まで移動して車載の商品を売買するそのやりとりは、一軒のお店と消費者の関係そのものです。
なんでも揃うお店、便利なお店、おいしいお店、買いやすいお店、良心的な価格のお店・・・
お客様がお店を選ぶ基準は様々ですが、定休日以外特別な事情がないかぎりはいつも開いてるお店で、いつものようにいつものサービスを提供してくれるお店ということがお客様から信頼を得られやすいお店になるのではないでしょうか。  

まだスタートしてやっと半年が過ぎたばかりです。
すべての事がまだまだこれからですが、当たり前のお店に一日でも早くなれるよう日々営業を続けていきます。
奇跡の毎日がこれからも続くよう、利用者様にも奇跡が起こりますよう、いざという時のジャンプ・スターターを目指します!

では来月もまた。

平成29年11月

有限会社おその江
代表取締役 小薗江 利之